太陽光発電で電気代を節約しましょう

電力の自由化にともない、電力会社以外の企業から電気を購入する事ができる様になりました。各社様々な割引制度を用意するなど、従来の電気代に比べて安くなる場合は多いです。しかし、もっとお得に電気代を節約するなら太陽光発電の導入がおすすめです。

気になる導入費用について
太陽光発電は、太陽の光エネルギーを直接電気に変換するして一般家庭でも消費できる電気をつくってくれます。この電気を使用する事で電力会社などから電気を購入する必要がなくなり、しいては電気代0円生活も夢ではありません。ただし注意したいのが、システムの設置にかかる費用を何年くらいで償却できるか検討する必要があります。目安としては10年から15年程度で償却できれば、その後は本当に電気代が0円に限りなく近づける事ができます。なお、システム費用の目安としては1kWあたり約40円程度(kW単価=設置費用の総額÷kW数)となっています。また、この金額も数年前に比べて年々安くなっており、手が届きやすい価格といえます。
補助金の活用もおすすめ
太陽光発電の導入には国や都道府県、市区町村から助成金や給付金、交付金といった補助制度が用意されています。1kWあたり数万円の補助金を受給できる可能性がありますので、そういった制度を活用する事もおすすめです。
少しでも電気代を節約したいと考えるのであれば、太陽光発電の導入を検討してみてはいかがでしょうか。