介助の負担を減らす上手な介護タクシーの使い方

通常のセダン型とは異なるワゴン型のタクシーを街でよく見かけるようになりました。車いすのままで乗降できる介護タクシーです。高齢化社会が進み、体力の衰えた高齢者には欠かせないサービスですが、料金やサービスはさまざま。ただ、よく似たサービスに福祉タクシーがありますから、違いをはっきり理解しておく必要があります。

介護タクシーは原則として要介護1以上の人がケアマネージャーの判断で通院に利用できます。事前にタクシー事業者と契約を結ぶ必要があり、ケアマネージャーを通して予約しなければなりませんが、乗務員は介護職員初任者研修を修了しており、到着すると利用者の着替えから外出準備、病院での移動介助までしてくれます。利用料金は介護保険が利用できるのも特徴で、比較的安く利用できます。これに対し、福祉タクシーは通院以外のときでも利用できます。旅行や遊び、買い物が目的でも構わないわけです。その代わり、介護保険が利用できません。通院に使ったとしても全額自費になります。乗務員が介護資格を持っていませんから、乗り降りの手助けを家族がしなければなりません。私の母は通院に介護タクシー、それ以外は各社の料金を見比べて最も安い福祉タクシーと使い分けています。目的によって使い分けることで介助の負担を減らし、上手に利用しましょう。