海難事故での重油が漏れたことが怖い。

日本のうみの事故でもよく船からの事故で重油が漏れたりすることで問題になっています。

汚染がひどくなり生物や環境を破壊してしまうことで深刻な問題です、一度漏れ出したものは回収も難しく視線の浄化力に任せて徐々にしか回復しません。

油の塊が鳥などに付いてしまいドロドロの羽をしてしまい飛びだてなく多くの人が救助していました。

また丸くなった脂が砂浜に打ち上げられてボールのようになっており不思議な物体になっていますがこのボールが何かのはずみで突然発火することもあるので恐ろしいものです。

重油は工場などでの燃料となるありがたいものですがやはり限られたエネルギーですのでこのような無駄に使われて事故などで失われてほしいものではないでしょう。

生産量も原油国次第で変わってきますがやはり日本では輸入に頼らないとなりませんので安価でしかも安定した量を取り込まなくてはなりません。

大事なエネルギーですので大切に使うべきですね、しかしタンカーなどの持ち運びはやはり海難事故などで失われること無く安全に持ち運んで欲しいものです。

大昔のエネルギーを無駄なく利用して海などの汚染が内容にしてほしいものだと思われますし限らたエネルギーは大切に利用すべきです。