今話題となっている樹木葬

昔ながらの家柄ではないので、守らなければいけない墓地というものがありません。そのため、親や兄弟とお葬式や、お墓をどうするかという話はしていましたが、どこにするか、どんな形式にするかなど、それぞれ意見はバラバラで、まとまりませんでした。そんな時、ニュースを見ている時、樹木葬という方法を知り、とても興味を持ちました。墓石ではなく、樹木をお墓とみなす方法は、なんだかとても理にかなっているように思えたのです。

私たちの家族は樹や草花が好きで、子どもが生まれると、記念樹を庭に植えて、大切にしてきました。そのほかにも、好きな花の苗を育てたり、果樹を育てたり、野菜を植えて、みんなで収穫したりと、いつも自然とともにありました。樹木葬で、故人の好きだった樹木や花に埋葬することで、故人との思い出を大切にすることができますし、土へ還るというのは、人間として本来あるべき葬送方法なのではないかなと思ったのです。全員の賛同を得られたので、さっそく樹木葬を扱っている会社いくつかに問い合わせて、資料を取り寄せてみることにしました。気になった霊園があれば、みんなで見学に行って、気にいったらすぐにでも決めたいと思っています。