求人情報を取り巻く環境

私が学生の頃は、まだまだインターネットが普及しておらず、求人情報の媒体は基本的には紙(雑誌)が多かったですねえ。なもんで、何かアルバイトをしようと思っても、とりあえず求人誌を買ってきて、そこでいいのがあれば、直接電話をかけて面接に臨む。とまあ、こういう流れだったと思うのですが・・。

今って、違うらしいですねえ。求人情報はスマホで簡単にゲットできますし、応募だってスマホ上でできるそうです。いやあ、時代の流れを感じずにはいられません。ネット上で、ほとんどのやり取りが完了するなんて・・。電話が苦手な私からすると、羨ましい限りです。あ、私は本当に電話が苦手で、面接をしたいという事を伝えるだけで、声が裏返ったりするんですよね(恥)。「あ、あの・・、きゅ、求人誌を拝見して、お、お電話させてもらっ、貰ったのですが・・。」とかなんとか。正直この段階で、かなり印象は悪くて、「あ、うちはもうアルバイトとっちゃったから」みたいな感じで、断られることもしばしばでした。求人誌発売当日に、いきなりバイトが決まるはずもないだろうに。きっと、私の挙動不審な感じが気に入らなかったんでしょうね。とまあ、そんな電話下手の私ですが、今ならその必要がないので、本当に今の学生さんが羨ましいです。求人情報を取り巻く環境も、時代とともに変わってきているというのを、ヒシヒシと実感しました。