障害年金は他の年金とは何が違うのか

年金というと多くの人が自分が老いてからもらうものという風に考えるのが一般的です。

ですが同じ年金でも年齢とは関係なしにもらえるものがあります。それは障害年金です。ですから障害年金は老齢年金とは違って若いうちから要件に当てはまれば支給されます。

なので老齢年金のように一定期間年金保険料を納めていないと
もらえないという事はないです。

なぜなら障害になるのはいつどんな時になるか分からないからです。なので若いうちからでも条件を満たせば障害年金はもらえます。

ただその場合でもどういう状況下で障害になったかで
もらえる障害年金の種類も変わってくるのでそこは注意が必要になってきます。

また障害年金の特徴としてあるのが障害年金が支給されるようになっても場合によっては障害年金の支給が途中で止まる事があるというのがあります。

なぜなら障害によっては障害状態が改善する事もあるからです。そういう可能性がある場合は最初から決まった時期になったら医者の診断を受けて症状が回復しているかどうかの診断書を出してもらう事になっています。

それでも状態が良くなっていて要件に当てはまらなくなった
時は障害年金は止まります。

また最初から症状がもう症状固定しているという診断を受けた時はずっともらえるというのがあるので障害年金は普通の年金みたいに支給されればずっともらえるという風に考えてはいけないというのはあります。