建築工事は周囲への配慮が必要です。

新築物件を建てるにあたって建築工事を行う際、トラックの出入りや騒音などで迷惑がかかるということを配慮して事前に近所にあいさつに行くことは必須です。しかしあいさつをしたからといって、実際建築工事が始まった後に近所の住民に不快な思いをさせたりあるいは通行をめぐってトラブルになることもあります。

そのようなことから建築工事を行っている際には定期的に現場を訪れて業者に早朝からの工事開始を避けてもらったり道路は住民優先としてもらうなど近所への配慮をするようお願いをしたり、あるいは近所の住民とコミュニケーションを取ったりして円滑に進めていかなければいけません。また建築工事中に何かしらのトラブルが起きた場合には、すぐにトラブルの相手と話をしたりして早い解決をすべきです。建築工事中にトラブルが起きてそのままにしてしまった場合には、実際新居に住んだ後近所の住民とそのままトラブルを引きずった状態になることもあります。そうなると自治会の活動や子どもがいる場合には子どもたちの友人関係などにも影響を及ぼして住みづらい状況になることもあります。なので建築工事中でまだその地域に住んでいなくても、将来地域で適切な人間関係を築くための気遣いは必要になるのです。