冷凍運送に使われるトラックのすごさ

冷凍運送の技術が発達したことによって、新鮮な魚介など美味しいものを自宅でも楽しめるようになったという印象があります。現地で凍らせておけば輸送中もそのままの状態を保ち、各々の家に届けてくれるのでしょう。

ここで改めてすごいなと思ったのが、冷凍運送に使われるトラックです。車というある程度熱を持って移動する媒体であるにもかかわらず、凍った状態をキープできるというのは非常にすごい技術だなと思います。運送会社によっては常温から-25度まで自由に変更ができるトラックを持っているとのことですから、本当になんでも運ぶことができるんだなと感心してしまいました。冷凍システムを使うと燃料の減りが激しかったりするのかな、なんて素朴な疑問を持ったこともあったものです。
いままで冷凍運送システムをあまり使ったことがないのですが、もし事前に凍らせておいたものが少し溶けてしまった状態だった場合、きちんと運送中に冷凍し直すことができるのかという点は少し気になりました。おそらく再冷凍されるかと思うので問題ないのでしょうが、その状態では受け取ってもらえなかったり迷惑をかけてしまう可能性もありますから注意すべきなのでしょう。
もし冷凍運送を利用する際にはきちんと冷凍してあることを確認してから使うようにしなければならないと改めて思ったのでした。