法律系資格の中でオススメの資格「行政書士」について

日本で数ある法律系の資格の中で、一番受かりやすい資格とされているのが「行政書士」です。
法律と聞くと、弁護士や弁理士を想像される方いるかと思いますが、行政書士は書類の作成義務および書類手続きの代理義務などがあります。
例を挙げると、法的な内容が伴う「遺書」の作成については行政書士にお願いして添削や代筆してもらうことができます。
遺書は、ないようにっては無効となるケースもあるので、日本の法律に則ってきちんとした形式で記載する必要があります。
その他にも、簡単な対立関係にある部分の覚書なども行政書士にお願いするケースがあります。
法人向けの仕事もありますし個人向けの仕事もあるので幅広いです。

一番受かりやすいという説明しましたが、それでも試験の合格率は10%ほどです。
行政書士になろうと片手間で勉強して試験をうけたところで合格する可能性は極めて低いでしょう。
もし、行政書士を目指している方がいれば塾やオンライン学習サービスを使って学習されることをオススメします。
本来であれば法律系の大学を出てしっかりと知識を得たうえで受けるべきなのですが、試験の間口が広く中卒だろうと受けるところができるのもポイントなので興味のある方は是非受けてみてください。