ゴルフ好きでサポートを得意とするならキャディの仕事がおすすめ

ゴルフが好きでゴルフ場を訪れたお客のラウンドのサポートをすることに自信がある人は、キャディの仕事にチャレンジてみるといいかもしれません。ゴルフ場での仕事はいくつかありますが、ゴルファーのサポートはゴルファーに最も近い立場での仕事です。また仕事によってはコースに出てサポートする業務だけではなく、フロントで受付したり、レストラン業務に従事してみたり、コース管理のサポートをしたりなど、そのサポート内容は意外にも多岐に渡ります。単にサポートをするだけにとどまらないやりがいのある仕事ですので、ゴルフ好きでゴルフ場にいることが苦にならないようなら向いている仕事です。 Continue reading

旅行の時には利用したいと思う手荷物預かり所

両親が旅行をした時に、手荷物預かり所があってとても助かったと言っていました。高齢なので重い荷物を持ちながら歩くのはとても大変ですよね。そんな時にコインロッカーを探すのはけっこう大変ですし、重い荷物を預けるコインロッカーが空いていないこともあると思います。 Continue reading

那須高原を訪れて、その豊かな自然に感動

日本の場合、魅力的な観光地があちこちに点在していますよね。旅行好きの方なら、人気のスポットを巡る旅を楽しんでいらっしゃるでしょう。なにを隠そう、私も大の旅行好きです。長い休日の予定があれば、じっとしていられなくなります。有名な温泉地や人気の観光地はほぼ制覇しています。 Continue reading

しみ抜きをプロにお願いして諦めていたYシャツを再び着れた

白いYシャツは清潔感があり、フォーマルでもカジュアルでも使えるファションに必須のアイテムですよね。
しかし、そんなYシャツにも弱点があります。
そう、非常に汚れやすく一度汚れると落としにくいこと。
シミがついた白いYシャツはめちゃくちゃダサい。 Continue reading

今では様々な分野に計測センサーが活用されています

計測センサーは現在のさまざまな分野に活用されていると言っても過言ではなく、例えば自動車などはそのスピードがどのような状況になっているのかということを計測センサーによって計測して自動運転などに役立てようとしていたりしますし、船舶もそうてずし、宇宙工学などにも用いられることになるとても重要な何かしらを計測するための機会ということになるわけです。 Continue reading

短期間で高品質なものを仕上げてくれるレーザー加工

板金などを複雑に加工したい場合、普通の工作機械では難しいものです。こんなときレーザー加工を利用することで、難度の高い加工にも対応してくれます。
レーザー加工とは、薄い素材のステンレスや鋼板、板金などを切断、彫刻、マーキングできる板金機械になります。レーザー照射で行うため対象に触れないで加工するものです。
工作機械の切削や旋削のように、素材を直接は削らないため、切断したときの断面は、バリやダレが少なくなっています。 Continue reading

庭の花壇づくりで出てきた残土とその有効活用

外構工事のプロではないのですが、そうした工事を自分でするのが好きで、花壇を作ったことがあります。レンガを積み上げてきれいにしたのですが、2回の週末の時間を使い、材料を揃え、段取りからすべてを自分でしました。最初にレンガの一番下になる部分に道路の高さよりも15センチほど下まで掘って、コンクリートを薄く流して平らにして、それからレンガの位置を決めて積み上げていくという工程です。 Continue reading

社会保険労務士とサブスクリプション

昨今、サブスクリプションというビジネスモデルが話題となっています。サブスクリプションとは、顧客が商品やサービスの料金を利用期間に応じて支払うというビジネスモデルです。某テレビ番組でも、近い将来ほとんどのサービスが定額になる。ですとか、某車メーカーが車の定額サービスに乗り出すなどその波は勢いを止まりません。 Continue reading

歯医者さんでホワイトニングを受けてみた

歯医者さんでホワイトニングを受けてきたのですが・・。やっぱり専門的なホワイトニングはすごいですね。かなり白くなっていて、おかげさまで、コンプレックスが解消しました。ちなみにですが、それまでの私は犬歯が異様に黄ばんでいまして・・。これを改善するためにいろんなホワイトニング関連の商品を試してきました。 Continue reading

温かみがある建設業とその大切な役割

建設業の方々は、少なからず重要な役割を果たしています。
その職業の方々は、やや荒いというイメージを持たれている事があります。実は私は、かつて建設のアルバイトをしていた事もありますが、確かに建設現場では荒っぽい方々も見かけました。時には語気強く怒られてしまう事もあり、確かに荒い一面はあります。 Continue reading